ホームプロでリフォームってするってどうなんでしょう?口コミ評判を検証してみて実際に利用してみましたよ♪

古い建物の水廻りのリフォーム。浄化槽の設置の有無と工事費全体を知るにはどうしたらいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
21b73ed02a8814d154e400aceb2e8d50_s

古い建物の水廻りのリフォーム。

浄化槽の設置の有無と工事費全体を知るにはどうしたら良いか。

 

 

結論から先に言うと
小型合併処理浄化槽を使用しなければなりません。

 

 

今、何処の自治体でも国の環境対策で
合併処理浄化槽を取り付けるように勧められています。

 

助成金が出るのもその為です。

 

まずその事を理解して下さい。

 

 

費用としても年に数回のメンテナンスと、
それに浄化槽内にエアを送る為の小型ポンプの電気代だけです。

 

尚、小型合併処理浄化槽の選定には
建築基準法に記載されている計算法で人槽を割り出して下さい。

 

最低は五人槽です。

 

 

これだと浄化槽本体が約80万円、

それに設置工事費は掘削工事を含めて仕上げまで約20万円です。

トータルで約100万円。

 

 

その他に古い便器の撤去と新設と床補修で約30万円、

それに排水の切り替え工事と升の設置が出てきます。

 

どの様な建物なのか詳しく現調しないと分かりませんが
トータル金額で約200万円は最低減の金額です。

 

 

 

ここで注意しなければならないのが
助成金額は各自治体で違いますので必ず調べて下さい。

 

 

それに助成枠も年度事に決まっています。

 

もし工事をされるなら業者から見積もりをもらい、
その上で専門業者に頼んで申請書類を書いてもらい役所に申請して下さい。

 

 

 

その手続きも全て施工業者が致します。

 

 

 

それを見積もり金額に含めるように書面を通して伝えて下さい。

 

尚、全ての役所に提出する申請は業者が責任を持って行います。

 

こちらでは内容の確認と必要であれば印鑑を押す場合も有りますから。

 

 

 

尚、助成金を貰うと自治体の検査が必ず行われます。

 

 

その時は浄化槽の性能を示す書類に書いている認定番号と、
設置した浄化槽に付いている認定番号が一致していれば別に問題は有りません。

 

 

 

 

 

最後になりますが見積もりを徴収する場合は地元の総合設備業者に頼んで下さい。

 

 

 

少なくとも最低3社から同じ条件で説明して提出させて下さい。

 

そうすると金額に幾らかの差が出てきます。

 

普通、最低金額を出した業者が落札社ですが、
施工能力やこれまでの実績を含めて選んで下さい。

 

 

落札しても工事を投げ出す業者も有りますから慎重に選んで下さい。

 

 

 

 

こういった設備工事はホームプロに頼むより
直接総合設備業者に頼まれる方がいいです。

 

 

 

目に見えないリフォームですので出費がどうしても痛い部分ですが
快適に生活するためには汚水処理はとても大事ですね。

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リフォーム ホームプロ