ホームプロでリフォームってするってどうなんでしょう?口コミ評判を検証してみて実際に利用してみましたよ♪

意外と知らない?トイレのリフォームで気をつけたい3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
110611

毎日使うトイレは10年程で故障や不具合が出てきます。

 

実際、勘定科目で調べると建物付属設備に入り耐用年数は
給排水衛生設備が15年です。

 

 

また家庭用の便器は新築の場合でも短くて
最低で10年は十分に使用に耐える住宅設備になっています。

 

 

ところが10年を過ぎる頃から
故障や不具合が徐々に発生してくるものです。

 

 

 

但し、便器本体の寿命はそれ以上に長く使えますが、
付属品のウォッシュレットの不具合や
トイレタンクの接続部品の故障が先に起こる事がほとんどです。

 

116858

 

中にはタンク内の給水入口にあるボールタップと呼ぶ
樹脂製の球が故障し水が止まらないままになって、
タンク内に貯まっている水が溢れるトラブルも発生しています。

 

 

こんな時には思い切って全てを取り替えましょう。

 

 

 

最新の便器は全てが節水式で水使用量が僅か5Lになっていて
ウォッシュレットが付いた一体型の便器も販売されています。

 

 

 

また既存の壁や床に付いている既存の給水口や排水口の穴が有っても
専用の接続口を取り付けるだけで全ての工事は1日で終わります。

 

 

 

但し、和風便器なら穴の補修も考えられるので、
その分だけ工事日数が伸びます。

 

 

 

 

それにコンセントも既存品が有ればそのまま利用も出来ますが、
古い家だとコンセントがないトイレも有ります。

 

 

その時は専門の電気業者に頼んで
コンセントだけを取り付けてもらう事も出来ます。

 

 

その場合は事前に部屋全体の配線や
電気盤までを全てチェックする必要がですね。

 

 

 

だから古い建物ほど、大掛かりになったりするので注意しなければなりません。

 

プリント

 

 

 

その為に便器だけを取り替えるにも専門業者に部屋周りの給水口、
排水口の位置を確かめてもらい、電気配線も入念に調べ

同時に建物全体の電気容量等もチェックして貰って
見積もりに反映さけなければなりません。

 

 

 

そして工事に落ちがないか
完全に確かめてから始めてリフォーム工事に取り掛かれます。

 

 

トイレのリフォームといっても意外とやることが多いんですね。

 

 

 

細心の注意としっかりとした情報を入手しておくことで
トイレリフォームで失敗せずに済みます。

 

 

快適な暮らしのためにも前持った準備をしておきましょう!

 

 

 

 

ホームプロのサイトでは
実際にトイレのリフォームをおこなった方の生の声を見ることができます。

 

 

こういった方がどんなトイレを選び、
リフォーム前はどのような状態だったのかなど

事細かに調べることで我が家と比較して
最善の決定ができるはずです。

 

 

金額も見ることができますので
トイレリフォームの適正金額も知ることができます。

 

 

是非ホームプロで事例をチェックしてみて下さい。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リフォーム ホームプロ